FXで貧乏脱出するFX完全成功指南書 - 山根亜希子 FXの奥義



FXで貧乏脱出するFX完全成功指南書

株より外貨預金よりFX外為投資だ、って最近良く聞きます。 

FXで100%勝てる方法ってあるんでしょうか

住宅ローンや借金で首が回らないとしたら、少しでも負けたら地獄ですよね。

 
預金の利子や賭博で借金返済できるなんて誰も考えません。
 

100%の勝率、100%儲かることが必要なんです。

実は、FXで100%勝てる方法があるんですよ。(ここからは、著者佐藤力さんのお話です)



あなたの投資資産:100万円
現在の為替レート:1ドル=100円
対象通貨    :米ドル
レバレッジ   :5倍
マージンコール :30%
スワップ金利  :160円/日

ここでは、
投資資金の全額ではなく、
その一部(20万円)を証拠金として使います。

なぜ、投資資金の全額を使わないのか、
これは、マージンコール(ロスカット)に対して、
リスク回避にもなるからです。

ちなみに、
このマージンコール(ロスカット)とは、
証拠金が基準以下になったら
手持ちのポジションが強制的に決済される事です。

つまり、このマージンコール(ロスカット)は、
損失が確定になってしまう事を意味します。

このマージンコール(ロスカット)は、
詳しく説明すると長くなってしまいますので、
インターネットで調べてくださいね。

話を戻しますが、
よくFX初心者の方がやってしまう過ちの一つに
「投資資金の全額をFX取引に使ってしまう」
事が挙げられますが、
FX取引を行う場合は、
必ず余裕資金で行わなければなりません。

「いや、全財産の中から
 投資に回せるお金をFX口座の中に入れているんだよ」

そんな声が聞こえてきそうですが、
実際にFX取引を行ってみると分かるのですが、
いくら余裕資金で行っているとはいえ、
為替相場が下落してきて
FX口座の預り評価残高がみるみる減少してくると、
何とか取り戻そうとして焦ってしまい、
為替相場を冷静な目で見る事が出来なくなってしまうのです。

すると、
冷静な判断が出来なくなっていますので、
何とか資金を取り戻そうと無駄な売買を繰り返してしまい、
結局はマージンコールになってしまう場合が多くなります。

これは、
FX初心者の方によくあるパターンなので、
特にFX初心者の方は全財産の中からの余裕資金はもちろん、
FX口座に入っている資金も全額を証拠金に使うのではなく、
何割かを証拠金に使い、
残りの資金は余剰金としてFX口座に残しておいてください。

そうした方が、
自分でレバレッジをコントロールする事が出来ますので、
結果として余裕を持ってFX取引を行う事が出来ます。

こういった理由から、
FX取引口座に入っている投資資産のうち、
何割かを投資に使うという事が
リスク管理にもつながるという訳になります。

少し話しが逸れてしまいましたので元に戻しますね。

まずは、
証拠金20万円で1万ドルの買いポジションを持ったとします。

この場合、
1万ドルに対して毎日160円のスワップ金利が付きます。

すると、
そのスワップ金利は、
1年間で160円×365日=58,400円になりますので、
年利は5.8%という事になりますね。

これだけで、
年利5.8%の確定です!


すごいですね。
何もしなくても
年利5.8%の金利を受け取る事が出来るのですから。

しかし、
ここでマージンコールが
どこで発生するかを考えなければなりません。

マージンコールに遭ってしまうと、
せっかくのスワップ金利が水の泡となってしまいますので。

この場合は、
100万円の資産の中から
20万円を証拠金として使っていますので、
残りの資産(これを余剰金と言います)は、
100万円−20万円=80万円になります。

そして、
マージンコール率は必要証拠金に対して30%なので、
必要証拠金20万円×30%=6万円、
つまり余剰金が6万円になった時、
マージンコールが発生する事になります。

この場合、
評価額が6万円になるためには、
(余剰金80万円−リミット6万円)÷1万ドル=74円、
つまり円高が74円進んだ時にマージンコールになります。

という事は、
1ドルが100円−74円=26円になった時です。

1ドルが26円なんて、
ありえませんよね?

つまり、
年利5.8%程度の利息なら、
為替変動リスクをほとんど気にする事なくGETする事が出来るのです。

それに、
FX取引では定期預金などと違って、
この1万ドルを何年も持ち越す事が出来るので、
毎年何もしなくても勝手に5.8%の利息が手に入る事になります。
(この例は、分かりやすくするために金利変動リスクを排除してあります)

そして、
2年後には11.6万円、
3年後には17.5万円、
4年後には・・・という感じで資産が増え続けます。

さらに、
為替レートが上昇して、
1ドル=120円になった場合には、
1ドル=100円で買っていますので、
為替差益が1万ドル×20円=20万円のプラスになります。

仮に3年後で計算すると、
スワップ金利が17.5万円、
為替差益が20万円=37.5万円の利益、
つまり3年間で資金100万円に対して
37.5%もの利息が付く事になります。

このように、
スワップ金利だけでなく、
為替差益も取る事が出来れば、
FX取引で大きく稼ぐ事が出来るのです。

『為替差益とスワップ金利のダブルで稼ぐ』

これこそ、FX取引の醍醐味ですね!

このようにFXでは、
レバレッジと余剰金を調整する事によって、
100%勝つ事が出来るのです。

ただ、この方法は、
長期的に稼ぐ事は出来ますが、
爆発的に稼ぐには、
それなりの資金が必要になってきます。

つまり、
多額の資金が無いと、
あまり妙味はないのです。

ですので、もし
あまり資金が無いというのであれば、
別の方法を使うしかありません。

気になる人は

         ↓
素直にこのままやるだけで、素人が続々貧乏脱出の実績!

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 山根亜希子 FXの奥義 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。